乾燥で体の皮がむける対策

顔は保湿化粧品とかで何とかなるけど、体の乾燥で皮がポロポロむけるのはどうにもならない…

特に産後や季節の変わり目などにひどくなりますよね。

そんな体の乾燥による皮むけですが、皮ふ科の薬でも治らないどころか悪化する人もいます

むしろ自己流のほうが体の乾燥が落ち着いて良くなったという人もいます。

皮ふ科で絶対に治るわけでもない?

皮ふ科の薬で体の皮むけは治らないの?

皮ふ科の病院なら普通問題ないのですが、聞いた話の中ではいくつも悪化して病院を変えている人がいます。

例えば定番の塗り薬なんかは、ステロイド系、皮膚の生まれ変わりのためのビタミンD配合などがあります。薬ではありませんがワセリンも定番です。

しかし、どのみち皮膚の乾燥を治すという決定的な薬がないため、皮むけに伴うかゆみや炎症、赤み、ピリピリなどを抑えるにすぎない状態です。

なので添加物が少ないローションを塗ったり、ワセリンを塗ったりといった程度しか指導しないお医者さんもいますし、極端な話、アトピー症状でなければ一時的なものですよ、とそれで診察を終えるお医者さんもいるそうです。

逆に安易にステロイド系の薬を処方されて塗っていると、肌の常在菌が壊滅して黄色ブドウ球菌が繁殖してもっとひどい肌荒れ状態になることもあります。

つまり、皮ふ科に行くべきなのは変わりないのですが、診てもらう先生によって結構扱いが違うのが問題なのです。

自己流保湿ケアはやめたほうがいい?

でも自己流ってだいたい悪化するよね?

そうです。自己流の保湿ケアはだいたい失敗します。

ただ、その自己流というのが、何も皮膚科学を知らずに始めているからというのが主な原因。少しでも乾燥によりなぜ皮膚がむけるのか?これを知っておけば自己流でもそんなに悪いものじゃありません。

しかし、ただ単なる乾燥が原因なのか?他の原因があるのかは素人判断では不可能です。原因究明のためにまず皮ふ科に行くのは鉄則です。

一般的な保湿剤はあまり良くならないことが多い

やっぱりボディローションとかたっぷりつければいいんじゃない?あとホホバオイルとか。

体全体の乾燥には、顔向けの保湿化粧品は使いづらいですよね。量が必要なので。だからボディローションが定番。そしてホホバオイルや馬油、シアバターなんかもよく使われます。

しかし、お風呂あがりにこれらの保湿ケアをしてもそのときだけ。1時間後にはもう乾燥してしまいませんか?

実は、ボディローションやホホバオイルなどのオイル保湿剤。これらは潤いを肌に与えはしますが、肌に水分をとどめる作用がないのが問題。

乾燥により皮むけるのはは、肌の一番表層の角質層に水分が不足して干上がってしまうことが原因。残念ならが、ボディローション等では水分は浸透させることができても、一時的で持続性がほとんどないのです。

オイル保湿で皮がむけるのが治まることはほぼない

でもオイルを塗ればフタができて水分は逃げないでしょ?

これも大きな勘違い。

オイルで肌の水分蒸発はほとんど防げません。これは皮膚科学では認められていません。

インナードライという肌症状がありますが、あれは皮脂(オイル)が多いのに肌水分量が少ない症状です。つまりオイルで直接的な保湿効果はないということ。詳しくは省略しますが、間接的に保湿に役だっていると考えてください。

乾燥の犯人はセラミド不足

ボディローションもダメ。オイルもダメ。だったらどうやって肌に水分をキープすればいいの?

乾燥している肌とそうでない肌。この違いは、角質層にあるセラミドを中心とした細胞間脂質の量です。

角質層の中は、何重もの角質細胞が重なっていて、その隙間をセラミドと脂肪酸などでできたオイル分が充満しています。これが不足すると角質細胞は剥がれやすくなり、皮がむける症状に発展します。

セラミドは大量の水分を挟み込んで離さない性質があり、人の肌の保湿機能のほぼ大半をこれが発揮しています。

つまり、いくらボディローションで角質層に水分を与えても、オイルでフタをしようとも、水分の貯金箱であるセラミドがなければ水分の行き場がないので意味がないということです。

あまりない全身向けのセラミド入りローション・クリーム

じゃあセラミド入りのボディローションとかないの?

あります。ただ、顔向けの一般的な化粧品が多く、ボディ向けは顔向けに比べて劣るものが目立ちます。

やはり、首元、胸、お腹、腕、脚と体全体の部位を問わず、乾燥している部分に使おうとすると量が必要です。そのため製品自体の価格が上がってしまうのですが、顔向けより体向けのほうが安くて当然というイメージがあるため、どうしてもセラミドの質を落とす必要が出てきます。

なので、顔の乾燥による皮むけ対策より、体全体のほうが厄介で、顔はなんとかなっているけど体がダメという人が多いのです。

実はお風呂は入らないほうが乾燥しない

そうなんだ。でも仕方がないから使ったほうがいいよね。あとはお風呂でたっぷり水分を吸わせて、風呂あがりにセラミド入りローションを塗ればいいかな?

ちょっと危ない発想です。

体の乾燥がひどい人は、お風呂に入ると気持いいけど風呂あがりに急激に乾燥するのに困っていますよね?

あれってなぜかというと、お風呂のお湯やボディソープの界面活性剤、はたまたタオルでの刺激などにより、角質同士の隙間が開いてしまうからなんです。

それにより角質層内の大事なセラミドが流れ出てしまいます。これは健常肌の人でも同じ。ただ、乾燥肌の人はその流出量が多くなります。

なので、衛生面や肌の見た目などを無視すれば、お風呂に入らないほうが体の皮膚は乾燥しません。いくら水分がたくさんついて潤っても、水分の貯金箱であるセラミドが減るので逆効果なんです。

お風呂あがりに乾燥しないためにセラミドを守るべし

でもお風呂には入りたいしなあ…体の保湿ケアはやっぱり風呂あがりだよね?何かいい方法はないのかな?

おっしゃるとおり、やはりお風呂あがりの保湿ケアしかありません。

ただ、お風呂にも一工夫すると乾燥が軽くなります。

まず長風呂は避けること。さっきも言いましたが、角質層が緩むとセラミドが逃げるので、角質細胞同士の隙間を広げる行為は避けましょう。

  • 長風呂
  • 熱いお湯
  • 洗浄力が高いボディソープ
  • 刺激の強いタオルやスポンジ
  • 強く肌をこすり洗いする

これらはどれも皮がむけるのを悪化させます。理由は全部同じです。

特に体を洗いすぎている人が多いようですが、どうにもしっかり洗わないと気持ちが悪いというなら、お風呂にミョウバンを入れるといいでしょう。ボディソルトなどのスクラブ系も当然アウトです。

ミョウバンには毛穴や角質の隙間に詰まった、古い皮脂や垢を落としてくれます。刺激もなく安全。体臭予防にもなります。

また、砂糖を使ったシュガースクラブもおすすめ。

お風呂場で砂糖とオイルを混ぜたものを肌に馴染ませると、角質層にグイグイ水分が入っていきます。無理やり角質細胞の隙間を広げて入っていくのではないため、皮むけ症状を悪化させずに水分を与えることができます。ただ、角のない特別な砂糖を使う必要があります。

ミョウバンや砂糖保湿剤入りは、アトピー肌向けの入浴剤にも使われているので、このような入浴剤を使うとすっきりしつつも乾燥を防げます。

できればセラミド入のクリームが最適。嫌ならローションもO.K.

結構良さそう。じゃあお風呂あがりはセラミド入のボディローションが最適?

できればクリームタイプのほうが好ましいですね。

というのは、ある意味お風呂に入ることが顔で言う化粧水の役割があるので、重ねてボディローションを塗る必要はあまりないからです。

ただ、特に水分蒸発が激しい部分、例えば首元やお腹だったり、その人の肌質によっては使ったほうがいいでしょう。

クリームがどうしても苦手!というのなら仕方がありませんが、そうでもないなら、あっさりしたベタつきにくいタイプのライスパワーエキスNo.11配合のクリームを使うといいでしょう。

クリームタイプのほうがめくれかかっている角質を落ち着けて、剥がれ落ちるのを防いでくれるメリットもありますし、肌の見た目を良くしてくれるのも嬉しいポイントです。

かなりすごいライスパワーエキスNo.11の秘密

ライスパワーエキスNo.11?なにそれ?

ライスパワーエキスNo.11とは、お米から作られた自然な保湿成分で、塗ることで肌にセラミドを増やすのを助ける作用があります。

この作用は医薬部外品成分として認定されており、このライスパワーエキスNo.11配合クリームには元アトピー肌の人の肌ケアにも使われているほどです。

セラミドを直接配合したタイプよりベタつきが少なくなるのと、10種類以上あるセラミドの種類をまんべんなく増やせるのがメリットです。

体の乾燥がひどい人向け・全身対応保湿スキンケア用品

風呂あがりに乾燥しない みんなの肌潤風呂

刺激物質「塩素」排除 砂糖による保湿 ミョウバン入り 潤い持続ヴェール

アトピー肌向けの人の入浴剤ですが、アトピー肌と乾燥による皮むけは紙一重。ミョウバンが入っており、長風呂しなくてもすっきりします。

このブランドお得意のシュガースクラブで使われる国産天然砂糖により、お風呂のお湯が肌を痛めず水分をグイグイ浸透。通常はお風呂あがりに急速に乾燥するところ、潤い持続ヴェールでお風呂あがりも水分を維持。お風呂あがりにバタバタ慌ててあれこれ塗らなくても済みます。

風呂あがりに最適 アトピスマイルクリーム

ライスパワーエキスNo.11 アレルギー物質排除 TV放映で人気

セラミドを増やす作用が、肌の水分量不足で困っている人にスゴイ!とTV朝日の報道ステーションで放送されたものです。なぜこのアトピスマイルだったかというち、このブランド自体がライスパワーエキスの研究製造メーカーだからです。他の化粧品のライスパワーエキスもここのが使われていることが多いのです。

肌が弱い、乾燥がひどい人のことを考えて作られており、アレルギー物質などは極力排除。ベタつきも最小限に抑えており、かなり伸びがよくて体に塗って不快感がありません。風呂あがりに塗ることで、お風呂で得た水分と増えたセラミドが噛み合って最高の状態に。お風呂あがりなら一度試してみてはどうかと思います。

クリームが苦手なら みんなの肌潤ローション

天然こんにゃくセラミド スクワラン リピジュア

肌潤風呂と同じく、アトピー肌のことを意識した優しいローション。天然のお砂糖の力で角質層に水分をしっかり届けます。

ただこれまでの保湿化粧水と違い、肌の水分維持に着目しており、肌の水分維持に欠かせないセラミド。肌を刺激から守るスクワラン。水分蒸発をヒアルロン酸の2倍の水分蒸発抑制があるリピジュアと、これ1つで乾燥してたまらない肌状態を落ち着けることができます。

クリームが苦手・・・という人にも、クリームタイプに近い実感が得られるはずです。

肌潤糖シリーズセット みんなの肌潤フルセット

肌潤糖シリーズセット

天然素材、添加物なしの超体に優しく、肌が落ち着く肌潤シリーズのフルセットです。通常の石鹸(なるべく自然なもの)で体を優しく撫でるように洗い、肌潤風呂で体全体を守りながら入浴。入浴に満足したら肌潤糖を特に皮むけが気になる部分に優しく塗布。洗い流してお風呂から上がります。お風呂あがりは肌潤ローションで仕上げ。ベタつかず、天然のセラミドが大量に浸透した水分を逃さず、お風呂あがりの乾燥、皮むけを予防してくれます。

フルセットですが単品購入と変わらず使用後の返品が可能です。気に入らなかったものだけの返品返金もできるので、どれか1つ良さそうと思ってもフルセット購入にリスクはありませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る